虫歯のリスクを下げる習慣

Posted by admin1112 - 2月 26th, 2014

虫歯にかかるリスクを下げる習慣が紹介されていました。

まず、シナモンが効くとのこと。

シナモンに含まれるシンナムアルデヒドには抗菌作用があり、漢方では桂皮と呼ばれ、漢方薬として処方されるのだそうです。

そして、口を掃除してくれる食べ物を食べる。

繊維の多い食品を食べることで、歯や粘膜の表面が掃除され、唾液を多く出させることで口内を正常に保ち、バクテリア増殖を防ぐのだといいます。

人参、ゴボウ、りんご、レタス、セロリなど。

一番最適なのは食事の最後にそれらを食べることだということです。

また、お茶を飲む。

食事後、そのままにせず、最後にはお茶で口内をゆすぐというのは虫歯予防には効果的だとのこと。

お茶にはカテキンが含まれ、抗酸化作用と抗菌効果がたっぷり含まれ、水よりも何倍も効果が得られるのだといいます。

ほかに、アルコールフリーのマウスウォッシュを使う、口腔内を乾燥させない、などがあげられていました。

« Previous Entries